二重整形の種類

医者と看護師

日本で1番行われている整形だと言っても過言ではない二重整形。大体どのように手術をするのかを知っているという方も少なくないのではないでしょうか。一重や奥二重の方が二重整形で二重になるためには、大きく分けて2つの方法があります。まず1つが、プチ整形の1つにもなっている埋没法と呼ばれる二重整形術です。埋没法は比較的リーズナブルに出来る物になっています。埋没法は糸で留めて二重を作ります。次に、切開法です。切開法はまた更に手術の方法が分かれます。全切開と部分切開と目頭切開の3つです。埋没法と切開法では手術の方法も、費用も分かれていきます。ではどういうものか見ていきましょう。まず、埋没法ですが、埋没法はまぶたの1部を極々小さく切り込みを入れ、底に糸を固定し、糸で二重を作る方法になります。メスは殆ど使う事なく二重を形成するので、切開法で二重にした時に比べて腫れや傷も少ないで。また、埋没法はとてもリーズナブルな値段で出来るのも特徴です。また、埋没法は気に入らなければ抜糸をしてやり直しをすることもできます。逆に言えば取れる事もありますが、その際は何度でも施術ができます。とりあえずお試しで二重にしてみたいという方にもオススメです。末広型や、奥二重などのナチュラルな二重を作る事が出来ます。目頭切開法と並行して行う事でより目元が大きくぱっちりとした二重を作る事が出来ます。次に、切開法です。切開法はその名の通り、まぶたを切開し、縫合することで二重を作る二重整形です。しかし、切開の仕方により仕上がりも少しずつ変わって来るのが特徴です。例えば、部分切開が少しだけ切開をした所からまぶたの脂肪を取りのぞき、すっきりとした目元を作ってくれます。全切開はほぼ永久的な二重を作る事が可能な手術です。このようなメスを使う二重整形術では、平行二重と呼ばれるよりくっきり、はっきりとした二重を作る事が可能です。平行二重は、ナチュラルな幅を作る事も出来ますし、メイク映えするような二重幅を形成することも可能です。しかし、やり直しが出来ない施術になるので、医師との綿密なカウンセリングが必要になります。

Copyright© 2019 口コミでも大人気!二重整形が人気の理由とは All Rights Reserved.